WEBで学べる セミナー主催者マニュアル

値段の設定方法

セミナーを開くとき、無料にすべきか、参加費を1,000円にすべきか、10,000円にすべきか、値決めにはかなり悩むかと思います。
貸し会議室のビジネスを通じて懇意にさせていただいている経験豊富な講師の方々であっても、バックエンドとの兼ね合いや、自分のブランディングを考えて、ご苦労されていると聞きます。
そこで今回は貸し会議室の提供を行う弊社の立場から、値決めのポイントを紹介します。

同業者の価格を参考にする

同業者の価格はとても参考になります。
参加人数、セミナーの時間の違い、バックエンドの有無によって、同業者がどのような値段にしているのかを調べてみてください。
例えば過去に弊社のお客さまで、時間管理のスペシャリストとしてセミナーを開催しようと考えている方がいらっしゃいました。
大学講師など4つの仕事を掛け持っている立場から、時間管理のセミナーを開こうと思ったそうです。
今までに4冊の書籍を出版しており、その販売をメインに考えていたため、無料にしようと最初は思ったそう。
ですが、調べてみると似たような状況の講師が5,000~10,000円の参加費をとっていると知ります。
そこで自分のキャリアを強気に評価して、15,000円の参加費を設定したとか。
結果としては大入りで、バックエンドの販売も好調だったと言います。

顧客の収入レベルを考える

同業者の価格を見るだけでなく、自分のセミナーを聞きに来てくれる人が幾らくらいの収入を得て、幾らまでなら自己投資にお金を使えるのかを考える必要もあります。
経営者相手のセミナーと一般の主婦向けのセミナーでは、参加者の自由になるお金が違うかと思います。
同じ主婦でも都心部に住んでいる主婦と、地方に住んでいる主婦では、自由になるお金が違うはず。
相手が幾らなら出せそうなのか、時間をかけて研究してみてください。

自分の価値を考える

皆さんがセミナーで語ろうとしている話の希少性を考えてみてください。
例えば皆さんに市議会議員の当選経験があったとします。
地盤もお金も何もない中で、人口50万程度の中堅都市において見事、トップ当選したキャリアがあったとしましょう。
ゼロから始める選挙活動のセミナーを、立候補を考えている人たちに行うとします。
例えばSNSをどのように効果的に使うか、街頭演説では何をどう語るか、地域のボランティア活動にはどういった形で関与すべきかなど、皆さんにしか話せない内容が山のようにあるとします。
その場合は1人の参加費が10万円でも人は集まります。
かえって値段が高い方が、信ぴょう性やありがたみが増す場合もあるくらいですよ。

以上、値決めの際に重要なポイントを3つ紹介しましたが、いかがでしたか? 
補足になりますが、

・セミナー時間の長さ

・バックエンドの有無

も値決めに生かしてください。
一般的に時間の短いセミナーは安く、長いセミナーは高くなる傾向があります。
また、バックエンドが高額で収益がしっかり見込めそうな場合は、あえて参加費を無料にするといった戦略も考えられます。
時間をかけて、値段についてはじっくりと考えてみてください。

その他のコラム一覧

×

コンテンツメニュー