WEBで学べる セミナー主催者マニュアル

セミナー・イベント当日の準備物について

セミナーの当日は、どれだけ場慣れしたセミナー講師の方であっても、緊張されると言います。そのような状況で何か忘れ物をしたとなれば、まさにパニック状態に......。
そこで今回は貸し会議室を提供する弊社の立場から、リストに入れておくと間違いがない当日の持ち物についてまとめます。

受付に必要な持ち物

セミナー当日は意外に持ち物が多くなります。あれこれと手当たり次第に考えていくと混乱してしまいますので、受付に必要な持ち物、講師として必要な持ち物を分けて考えるとスッキリします。
例えば受付として必要な当日の持ち物は、

  • 名札
  • 物販
  • 配布資料
  • 文房具(セロテープやホッチキスも含む)
  • 次回のセミナーやイベントの案内チラシ
  • 参加者リスト
  • アンケート
  • 領収書
  • 封筒
  • 現金(当日受付する場合は小型金庫も)
  • 進行管理表

といった持ち物が挙げられます。その他に各自で必要な持ち物をプラスしてみてください。

講師として必要な持ち物は?

講師としての持ち物は、当然ですが受付の持ち物とは異なります。以下のアイテムは不可欠です。

  • レジュメ
  • 時計(置時計)
  • 名刺
  • プロジェクターとポインター
  • 延長コード
  • カメラ
  • パソコン
  • 飲み水
  • 文房具

飲み水はペットボトル入りを用意し、必要に応じてパッケージを事前にむいておいてください。
セミナーの内容によっては必要になるアイテムも増えるかと思います。その際には上述のリストに、当日の持ち物としてプラスしておきたいですね。

以上がセミナー主催時に忘れたくない当日の持ち物になります。先ほども触れましたが、当日に忘れ物が発覚すると大パニックになりますので、くれぐれもご注意を......。
また、プロジェクター、延長コードなどの有無は会場によっても異なります。もしも弊社の提供する貸し会議室のご利用をご検討いただける場合は、事前にご相談いただければと思います。

その他のコラム一覧

×

コンテンツメニュー